【次世大砲】リアム・デラップの持つ期待感

アグエロの跡目を継ぐCFはーーーー。

 

最近のシティズンの関心はもっぱらこれなはず。

 

過去にもツイートしたが、私はEDS出身の18歳リアム・デラップを推したい。

ケインやアンドレ・シウヴァなど大物の獲得に反対する理由はないが、

フォーデンの大成功を重く捉えホームグラウンドの若手を丁寧に育てる事にもフォーカスして欲しい。

 

カンテラ育ちのペップの事、EDSの大砲に期待してるに違いない。

 

という事で今日はリアムくんの基礎情報から見直して彼の持つ可能性を探りたい。

基本プロフィール

  • 選手名:リアム・ロリー・デラップLiam Rory Delap
  •  生年月日:2003年2月8日(18歳)
  •  身長:186cm
  • 出身地:ウィンチェスター
  •  父:ロリー・デラップ
  •  キャリア:2009年〜2019年ダービーカウンティユース 2019年〜シティEDS

デラップはどんなプレースタイル??

さて世界に注目される18歳のCFはどんなプレースタイルだろうか?

このゴールを見てもらいたい。

【嗅覚に優れた生粋のストライカー】という印象。

・ゴールにこだわり続ける

・冷静でいれるメンタルの強さ

17,18歳と通常は高校生の年にも関わらずポーカーフェイスにクールな顔して1部でもプレーを経験。

現在もプレミアリーグ2でゴールを量産する彼のプレーからは内面・メンタルの強さが見て取れる。

そんなメンタルの根源はどこだろうか?

父・ロニーデラップの影響は?

彼はロングスローで一世風靡した、

【人間発射台】ロニー・デラップを父に持つ。

ロリーデラップはイングランド4部からキャリアをスタートし、

1994年のデビュー後、2006年にストークを昇格に導くまで

プレミアリーグとはあまり縁がなかった苦労人だ。

2003年に生まれたリアム君はこの父親にどんな教えを受けて育ったのだろう。

・スローインでサッカーの概念を変えてしまう

・4部育ちの苦労人

こんな逞しい父の姿が、リアム・デラップの現在のメンタルを支えてるに違いない。

相性抜群の20歳は既にチームの要。

同じEDS出身の先輩、フォーデンは20歳にして既に1部に昇格してチームの要。

突破力はもちろんラストパスも魅力的なフォーデンと相性は抜群なはず。

この2人を思い出しちゃうシティズンも多いだろう。期待しちゃうよね。

大型ストライカーの獲得に影響される現状

しかしなんにしてもリアム君に1部でも活躍する為には移籍市場が大きく影響するのは確か。

ペップは2ヶ月前にこんな発言をしています。

 
ペップ
「高額なストライカーを買う余裕はない。他のクラブも財政面では苦労してるけどうちも例外ではない。ジェズスやトーレスがいるし、偽9番としてラヒームもいる。今後のことはまだわからないけど、来季にストライカーを獲得しない可能性は高いよ」(英『Manchester Evening News』より)

まぁ色んな移籍市場は色んな駆け引きがあり、額面通りに受け受け取れませんが。

大型ストライカーを獲得せずにシーズンがスタートする可能性もあるかも。

ペップはクラブにとって育成機関がどれだけ重要か認識している為、

そのような状況下ではデラップ君に白羽の矢が立つかも。

特にプレシーズンはかなりの若手にチャンスを与えるはず。

リアム君はプレミアリーグの下部組織が所属する、プレミアリーグ2のMVPに選ばれた。

一番チャンスを貰える若手筆頭は彼だろう。この色男にとにかく期待しかない。

 

 

cityzensJAPANをフォローして最終情報をチェック!