寝落ちした決勝。スパーズ戦の選手評価を振り返る。

皆さんこんばんわ。

cityzensJAPAN管理人の理一です。

今朝はカラバオカップ優勝、おめでとうございます。

万全のセッティングでキックオフをを迎えましたが、0:45頃にあっけなく寝落ち。

でも朝からみんなの笑顔が見れて、幸せでした。

cityzensJAPAN初の試みとして選手採点を振り返って見ます。

ステッフェン:7点

チェルシー戦の敗戦の影響を見せない素晴らしい出来。

前半は素晴らしいパンチングで、後半はロチェルソのカウンターを防いで素晴らしい。

ウォーカー:7点

ソンを完封。カンセロロールにもうまく順応して、ビルドアップを牽引。

ディアス:7点

めちゃめちゃ堅かったね。 ソンへの対応は神。このタックル見て。

 

彼に必要なのはもうチャントだけ・・

ラポルテ:7点

決勝点、美しい。レッドカード貰ってもおかしくないとこあったけど運良かった。w

カンセロ:8点

今季最高のパフォーマンスレベル

守備面でケインを完封して、攻撃のもエクセレントなんて。

フェルナンジーニョ:7点

ロドリの温存してその役目をこなしていたね。カウンター防止のファールは必要不可欠。

ギュンドアン:7点

デブが中心の中盤でも、キラーパス数本通してたけど理想通りにはいかず。

デ・ブライネ:8点

チェルシー戦での鬱憤を晴らすような大活躍。

決勝点のアシストはなによにも美しかった。

マフレズ:8点

ロリスに阻まれたけど、魔法を連発。

こいつがいればPSGも余裕で倒せる。

フォーデン:6点

継続的なパフォーマンスを出すのに少し苦戦

スターリング:6点

点は取れなかったけど頑張ってた。後半失速、残念。

 

以上です。

 

元記事はこちら【Man City player ratings vs Tottenham: Joao Cancelo great and Riyad Mahrez excellent – Simon Bajkowski – Manchester Evening News

cityzensJAPANをフォローして最終情報をチェック!