【欧州スーパーリーグ狂想曲】Jシティズンが今するべき事

どうも、cityzensJAPAN管理人の理一です。

4月19日、朝から大騒ぎです。

【欧州スーパーリーグ問題】が原因です。

CNNよると欧州クラブ連盟(ECA)は12のサッカークラブが参加する「スーパーリーグ」の構想が発表。

スーパーリーグによって、欧州サッカーは根本から変わる可能性があるとか。

参加する12クラブは

イタリアのACミラン、インテル、ユベントス

イングランドのアーセナル、チェルシー、リバプール、マンチェスター・シティー、マンチェスター・ユナイテッド、トットナム、

スペインのアトレティコ・マドリード、バルセロナ、レアル・マドリード。

初のシーズン開幕前にさらに3チームが加わる見通し。

欧州スーパーリーグは欧州スーパーリーグの開幕はは2021年8月に予定されているって?

色々信じられません。

我らJシティズンが今するべき事。

あんなに苦労してベスト4に入った、CLは中止されて優勝はPSGになるなんて噂も。

 

こんな大ニュースを目の前にして震える僕らがするべき事はなんだろう。

考えて見た。

 

・感情論に流されて悲観的にならない。

・できる限りのニュースを咀嚼して、今後の行方どうなるか想像しておく。

・怒っている著名人は何故そんなに怒っているのかできる限り理解する為に勉強する

・反対意見、賛成意見両方をよく読む

 

このくらいでしょうか。

英国首相や仏国大統領が非難するまで影響力の大きなニュース。

 

サッカーは終わりだ、マンチェスターシティは終わったなんて

尚早にネットに書き込まずに冷静に事の成り行きを見守りましょう。

 

私の尊敬する粕谷秀樹さんもこんなツイートをしています。

 

 

ネガティブな意見を発される方々が多い中、

このスタンスには全面的に賛成です。

 

今後どうなるかなんて誰のもわからない。

でも知ることから全てが始まります。

cityzensJAPANをフォローして最終情報をチェック!