【神童寵愛】フォーデンとペップ

昨日のヒーローであり、日本のTwitterトレンド1位が【フォーデン】!

だったという歴史的快挙を記念して彼について掘ってみたいと思います。

基本プロフィール

まずはおさらい。

  • 選手名:フィリップ・ウォルター・フォーデン(Philip Walter Foden)
  •  生年月日:2000年5月28日(ふたご座w)
  •  身長:171cm
  • 出身地:ストックポート(マンチェスター内の小都市、中心部から10km)
  •  背番号:47番(次の10番であって欲しい)
  •  契約終了年:2024年までの5年契約(はよ更新して)
  • 愛称:ストックポートのイニエスタ(ペップはダイヤモンドって言ってた)

フォーデンはどんな性格??

さて20歳で世界に注目される彼について気になるのは内面性格

内面や性格について知るのに一番の方法は行動を見ること。

調べ始めるとすぐにこんなエピソードを見つけました。

遡る事2年前の2019年4月17日CL準々決勝2ndレグ、悲劇のトッテナム戦。
(スターリングの終了間際のゴールがVARで取り消されたあれ)
その敗退にタフなシティの面々もショックを受けていた。
翌朝のトレーニングに現れたフォーデン(当時18歳)は1人、はつらつとした顔でプレーを見せた。
その姿を見たペップは、3日後に控えるトッテナムとのリーグ戦でフォーデンを先発させることを決めた。
結果としてシティは前半5分にフォーデンが決めた1点を守り切り、勝利した。

いやぁ、2年前なんで覚えてる人も多いですよね。

この年は勝ち点ギリギリでプレミアリーグのトロフィーを獲得できましたが、

このフォーデンのヘディングでの決勝点があったらだと思ってます。(↓覚えてない人用)

・落ち込むような出来事にも言い訳しない

・勝ちにこだわる

・常に冷静でいれるメンタルの強さ

いつもクールな顔でプレーしている、彼の内面の強さが伺えます。

 

ここで、ペップに寵愛された、現代最高のサッカー選手メッシを思い出しました。

彼の関係者はこんな証言をしています。

元バルサ監督・ライカールトの証言

「観客が10人でも10万人でも関係ない。レオのプレーはいつも同じだ。変わらぬ確かさと、勝ちたいと言う意欲。『僕にボールを回して、プレーがしたい、僕の才能を見せたいんだ』と言っているような子なんだ。」

メッシが1試合で9つ目のファールを受け、負傷した際のペップ

「同じ状況で、他の選手だったらバロンドールを取ったことに満足して無理をしないだろう。しかし、レオは生来の負けず嫌いで、野心に燃え、何度もファールタックルをうけてるにもかかわらず、もう1点入れようとしたんだ。」

 

なにか、SameEnergyを感じませんか??

ロナウドと違いメッシはメンタルが弱いとか思ってましがとんだ勘違いw

フォーデンやメッシの持つメンタルは超一流のサッカー選手に共通するものなのかも知れません。

親バカ!?ペップのフォーデンへの賛辞

フォーデンを我が子のように愛するペップですが、褒めて伸ばすタイプ?

賛辞が止まりません。

シティの大レジェンド、ダビドシルバ退団のタイミングではこんな言葉。

ペップ
「代わりの選手を獲るつもりはない。ダビド・シルバが去る時が来れば、チームの新たなマジシャンが誰なのかは、今からはっきりしている。既にシティにいるんだ。ここで育った、我々の仲間さ。素晴らしいプレーを見せてくれるはずだ。最高の選手になる。」

また前回の契約延長の際はこんな親バカぶりを発揮。

Name

「フォーデンの新契約は偶然の産物なんかじゃない。言っておこう。絶対に放出があり得ない選手は彼だけだ。彼だけは、どんなことがあっても手放さない。移籍金5億ポンドでもあり得ない。フィルは誰にも渡さない。フィルこそ、シティだ。」

確かにこの至宝は5億ポンドでも売ってほしくないです。全面同意します。

 

今日以上になります。

 

コメント欄ではフォーデンの思い出や、

ムバッペとの決闘への応援メッセージなどドシドシお待ちしております!!!

存分にフォーデンを語りましょう!!

cityzensJAPANをフォローして最終情報をチェック!