【マッチレポート】CLドルトムント戦2ndレグ(1-2)

アグエロに捧げるCL制覇の為に。この5年で最大の勝利

歓喜のシティズン

モナコ・リバプール・スパーズ・リヨン。。。

呪いのベスト8の壁、遂に突破しましたね!

 

個人的には2011年サッカー見始めてから1番の勝利でした。

フォーデンがペップのところに真っ先に走るシーンで全シティズンと一緒に涙ました。

選手採点から振り返ります。(by Who Scored)

公式のマンオブザマッチは、ギュンドアン

個人的にはフォーデン一択ですが、

キャプテンマークを巻いて開始1分から鬼プレスしていたデブライネを推す声も多そう。

皆さんは誰推しますか?

cityzensJAPANオリジナルのマンオブザマッチ投票機能とかあったら面白いですかね?

 

次に世紀の1戦を試合を数字で振り返りましょう。(by Sofa score)

※左がドルトムント、右がシティ

結果的にはシュート17本で枠内5本。

しかし前半の時点では枠内シュートがマフレズの1本だけ。

後半を終えゴール期待値(xG)は結果的に2.65まで上がりました。(相手は0.52)

PKが思いっきり流れ変えましたね。。。

中盤のデェエルでも47回勝利してして、空中戦でも圧倒している数字です。

まぁとにかくみんな頑張った。

 

試合後の選手達のコメント、抜粋です。

エムレ・ジャン「最初は頭で触ったけど、それがなぜか手にわたってしまった。ルール上はハンドではない。そのせいでPKを与え、それがきっかけで負けてしまったのは苦いよ。」
ギュンドアン「最初の15分間はまったく良いプレーができず、苦戦し、勇気もなく、何かを失うことにおびえていた。でも、後半の早い時間にゴールを奪って試合を自分たちの手に取り戻すことができた」
マフレズ「とにかく1点を決めることが重要だった。僕らは誰かにPKキッカーを固定しているわけではなく、今日は自分が蹴ることになった」「僕はパリで生まれ育ったから、準決勝は特別な試合となるだろう。PSGとの対戦を嬉しく思っている」
ロイス「僕の見解ではハンドだった。エムレの頭から手に跳ね返ったと聞いたからね。FIFAルールではPKじゃない。でも、もし相手側で同じことが起きていたら、僕らも大声で抗議していただろう。正直にならないとね」「今日のシティはより良く、より賢かったと認めないと。妬むんじゃなくて、認めないと。」

ロイス、イケメンで人格者って無敵か。

マフレズはパリで生まれ育ったの知らなかった。。

 

と、あまり長く書いてもなので以上になります。

ここはあくまで語りの場にしたいです。

 

皆さんのこの試合への感想、次のトゥヘルやPSGに向けてなど

熱いコメント待ってます!!語りましょう!

(サイトへのアイデアやこんな企画・記事やってなんかも意見下さい。)

 

元記事

「ルール上はハンドじゃない」CL準々決勝敗退ドルトムント、PK献上のジャンは判定に不満 | Goal.com

苦戦認めたギュンドアン「何かを失うことにおびえていた」…逆転に必要だったものとは? | Goal.com

マフレズ「僕らは勝ち上がりに値した」CL準決勝でPSGとの対戦には「特別な試合になる」 | Goal.com

「妬むんじゃなくて、認めないと」ロイス、マンチェスター・シティ相手の敗退を正直に受け入れる | Goal.com

cityzensJAPANをフォローして最終情報をチェック!