マンチェスターシティを好きな理由

はじめまして。

cityzens JAPAN管理人の「りいち」と申します。

私は東京に住む29歳です。

私には、3つの夢があります。

①マンチェスターシティの試合を日本のシティズンの皆さんと観に行く

②英国人とカッコよく英語で会話し、マンチェスターに移住する

③マンチェスターシティを日本1人気なクラブにして、毎月めちゃめちゃ盛り上がるオフ会をやる

29歳にして、中ニ病丸出しみたいな夢ですいません。笑

でも絶対叶えたい夢です。

今マンチェスターに移住するのは会社もあり現実的ではないですが、お金を貯めながらcityzens JAPANを育てていつか必ず現地に飛び立ちます。

日本には熱狂的なグーナーやKOPが多く羨ましいので、熱狂的なシティズン達を増やして渡英したいです。

とこんな事は生意気に書いてますが、

自分にとっては少し大きめな夢です。

なにせ英語も喋れません。

これから頑張ります。

マンチェスターシティが好きな理由

マンチェスターシティってあんまイメージ持たれないんですよね。

・金満クラブ

・油

・イキリ成金

・ウイイレ脳

・・・・・・

本国では奴隷労働させてるって噂のアラブの王族がオーナーのクラブですもん。

しかも歴史に残るほど強い。

昔からのプレミアファンが嫌うのもわかります。

でも極東の島国から、そんなクラブに心奪われる日本人がいるのも事実です。

皆さんの詳しい理由をまだ知りませんが、
それぞれ好きになったきっかけとそれなりの理由があると思います。

地元クラブで昔からお爺ちゃんと応援してます!
は日本人には有り得ないのでもっと人生経験に密接に関係した理由があるはず。

前置きはこれくらいにして、本題に入ります。

マンチェスターシティを好きになるまで

遡る事10年ほど前。東日本大震災の後の2011年でした。

やりたい事もなく暇な大学生が没頭してた事が一つありました。

「香川真司」です。

ドルトムントで活躍していた彼は20代のそこそこで、ブンデスリーガで13得点9アシスト。

毎日毎日、世界的に有名になっていきました。

私より2つ上年上の彼が、憧れのメッシを追いかけて世界を相手に戦い魅了している。

憧れた。カッコよかった。感動した。

毎週香川をニコ生で見る日々。

マンチェスターユナイテッドに移籍が決まったときはもう天にも昇る気分でした。

ちゃんと使ってもらえるか心配でしたが、
ユナイテッドで香川は大車輪に活躍をしてくれた。

ハットトリックや

リーグ優勝

歴史あるクラブで不滅の名将の元で大活躍、今思い出しても震えます。

就活の時期と重なっていた私は、
香川の活躍にモチベートされながら、なんとか上場企業の内定をもぎ取りました。

しかしそんな幸せな日々も束の間。こんなニュースが流れてきました。

ファーガソン監督の退任

モイーズ新監督の就任

ファーガソン監督は香川を我が子のように可愛がり、サクセスストーリーの礎を作ってくれました。

が新監督のモイーズは違った。

1試合で81本のクロスを放つ、
戦術のせの字もないバカサッカーを開始。

81本と言われてもピンとこないと思うので説明すると、サッカーは90分のスポーツです。

90分➗81本=1.1

つまり約1分に1本のクロスを上げている。

そんなサッカー見たことありますか??
見たいですか??

そんなイカれたサッカーの中で重宝され始めたのは、前に指揮していたエバートンから連れてきた194cmのアフロ。

冗談のような本当の話です。

盛って170cmしかない、香川は次第に出番を失いユナイテッドは宝の持ち腐れ状態。

そんなサッカーが現代では結果を残せるはずもなく、程なくモイーズ監督は解任。

香川も放出され、ファーガソンから切符を貰って始まったイングランドでの夢の挑戦は挫折という形で終わりました。

私は香川の事を考えるだけで心身を病み、社会のストレスに疲れ始めて鬱気味な生活を送る事になりました。

夢に出てくるほどモイーズを憎み、次第にクロス一辺倒の戦術のないサッカーを極端に嫌うようになりました。

ニコ生でヤングのクロスを見て死にたくなる日々にもう戻りたくない。

ユナイテッドを見るのは好きだったけど、香川もいないし違う趣味でも見つけようと思っていた矢先。

そんな生活を救う救世主に出会う事になりました。

【ペップグアルディオラ】

この人を知って私は人生は変わりました。

香川のいたチームのライバルにあたるチームに就任した監督。

モイーズ監督とは逆の発想や戦術。

ファーガソンの大事な後継者にモイーズを指名して香川を追い出したユナイテッドを嫌いになっていた私は
やがてペップがプレミアリーグを圧倒していく姿に心酔していきます。

規律のある前線からのプレッシング

キーパーを含めたビルドアップ

ボールを大切にするポゼッション

ケビン・デブライネ

チームの一体感

・・・・・・・

 

とにかくペップやシティ調べるにつれて、
彼の情熱や本気で取り組む試合が大好きになりました。

モイーズによって枯れた私の心の花に、
水を与えてくれたのです。

 

【香川真司への歪んだ愛と
モイーズへの憎しみが
ペップへの愛情へと昇華した】

 

こんな理由で私はマンチェスターシティが大好きになりました。

 

少し変わった入り方かもしれませんが、

マンチェスターシティを好きな気持ちは皆さんと一緒です。

 

皆さんはどんな理由で、なにに影響を受けて好きになりましたか?

 

日本に住んでいるシティズンの皆様と仲良くなることは私の夢ですので是非教えて下さい。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

 

 

cityzensJAPANをフォローして最終情報をチェック!